プロフィール

HGL@マーク

Author:HGL@マーク
Bienvenue!Blog de HGL!
HGLブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |  |

09年仕様F1マシンに関する5つの事実

2009.01.20  [F1]
09年F1開幕まであと66日ですよーっ!
えーまだ2ヶ月以上もあんのー?やんなっちゃう。
と、小学生が夏休みを待つような気分ではない・・・気がする。
ついに09年仕様のマシンが続々と発表されてますね。
フェラーリ、トヨタ、マクラーレン、ルノー、ウィリアムズ。
明日はBMWだったかな?
残るはレッドブル軍団とフォースインディア。
残りのひとつチームの命運はいかに?

さて、今日は09年仕様のマシンに関する5つの事実について紹介する。

1. F1のウイングは機能美を失った?
「機能美」という言葉がある。
実用品として作られた物が、その機能を十分発揮することで発現する美。という意味らしい。
つまり、機能を十分に発揮することが美しいということになる。
現時点において、09年仕様のウィングは「機能美」ではない。
ましてや「美」という言葉は到底当てはまらない。
完全にバランスを失った大きなFウィングと小さく背の高いRウィング。違和感アリアリである。
これで速ければ「機能美」を見出せるのだが・・・。
あと、こんな格言もある。
「ブスは3日で慣れる」

2. 引き締まった官能ボディは超セクシー
ウィングとは正反対に美的センスに欠ける張りぼてを取っ払ったボディワークは・・・
何て素晴らしいんだろう!
80年代後半のレイトンハウスマーチを髣髴させますな。
これこそが「機能美」ってもんだ。

3. KERSは本当に必要なのか?
現時点でKERS開発が進んでいるのはBMWとマクラーレンのみという噂。
フェラーリとトヨタは上手く行かないので投入を1年先延ばしにしたい様子。
強制ではないのだからどっちでもいいんだけどね。
結局のところ、SM大好き頑固じじぃの思いつきに振り回されているだけなのだ。
コスト削減を叫ぶなら、まずこれを止めた方が手っ取り早いんだけど。
もう引っ込みつかないんだよね?モズレーさん?

4. 可変Fウィングはちゃんと動くのか?
その昔。「グランプリの鷹」っていうアニメがあったとさ。
そこで主人公の操るマシンには「可変ウィング」なる秘密兵器があった。
この秘密兵器のお陰でブッチギリの速さをみせつける主人公。
だが、これには弱点があった!
なんとウィングに新聞紙が挟まって動かなくなり、あえなく主人公はスピン→クラッシュ。
21世紀だからね。大丈夫ですよね?フィクションだしね。

5. F1マシンのステアリングはアンタッチャブル?
もうね、ありとあらゆるボタン、ダイヤルがついている。
誤操作の方が気になるよね?
あんなレーシンググローブしてて、正確な操作が出来るのだろうか?
しかも300km/h近いスピードならなおさら。
誤操作でクラッシュ。脇見運転でクラッシュ。
そんな光景は見たくないものだ。


最後に、旧ホンダはどうなるのか?
ニック・フライがマネージメント・バイアウトを検討しているとか。
・・・正直、もうどうでもいい。
フライもバトンも大っ嫌いなのだ。
そんな奴らが生き残って立ち上げたチームはもはや「ホンダ」ではない。
ロス・ブラウンも早いこと見切りをつけて去った方が吉である。
私的にはデヴィッド・リチャーズが買収して、フライ、バトンを更迭するっていうシナリオを見たい。
それよりも琢磨だ。トロロッソに入れますように・・・。


スポンサーサイト

F1 ベルギーGP&イタリアGP 感想

2008.09.18  [F1]
久々にF1の感想を書こうかと。

今年もドライバーズタイトルは混戦模様で面白いっ!
と思う反面、最近のレースを見てて思うことがあります。

「ハミルトンの走りはミハエルに似てきたな」ということ。
速い。が、勝つ為には何でもするダーティな面を持つ。
これが勝者のメンタリティというならそれも良し。
ただ、見ていて腹立たしい事この上ないのは、私が日本人だからか?

誰よりも優れたマシンを与えられ
完全なチームのサポートを受け
車を操る才能に長けているのなら・・・

正々堂々と勝負して勝てよ!と言いたいね。

ベルギーGPでは、シケインをショートカットして得たアドバンテージでライコネンを抜き去り。
イタリアGPは、不必要なまでの幅寄せで自分だけセーフティにオーバーテイクをしたり。

元々好きではなかったですが、大嫌いになりましたw
今では毎戦リタイアを願っていますよ。
今年のチャンプはマッサでお願いします。
2年連続2位で万年チャンピオン候補のまま、マクラーレンの黄金時代が終わってしまうといい。

F1ではオーバーテイクが減ってレース自体の面白味も減ってきているのは事実。
誰もが皆、抜きつ抜かれつの手に汗握るレースが観たいのさ。
ただし、クリーンなファイトであってこそ、その面白さは引き立つと思いませんか?

そういう意味では、ライコネン、アロンソなんかはクリーンなファイトをしますね。
マッサは時に荒っぽいですが、引く時は引く潔さを持ってる気がします。
そういう意味でハミルトンは非常に危険なドライバーです。
違う意味ではクルサードw
彼は抜く時も抜かれる時も楽観的に自分優位過ぎますw

あとは、中島君。もうちょっと頑張りましょう。
予選がダメダメなのは遺伝なのかな~?w
レースでも「親父譲りの刻み納豆走法炸裂っ!」とか古館に言われそう。

やっぱり、僕らには琢磨が必要なんだ!
来年はトロロッソに乗れるといいなぁ・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。