プロフィール

HGL@マーク

Author:HGL@マーク
Bienvenue!Blog de HGL!
HGLブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |  |

夏のバカンス2008 その①

2008.07.28  [未分類]
みなさん、こんにちは。
島流し純情派(何だか懐かしいなぁ・・・この肩書きw)のマークです。
私は今、スペインにいます。
今年は「海辺でのんびり」がコンセプトの夏休みを敢行中なのです。
いや~さすがはスペイン。いい天気だし日差しが強い!
7月に入っても連日曇・雨ばっかのベルギーを脱出して大正解ですよ。

今回のバカンスのスケジュールはもちろん車でGO!
7/21 ブリュッセル出発→フランスブルゴーニュ地方へ(ボーヌ泊)
7/22 ボーヌ発→南仏、バルセロナを通り越してVilanova i la Geltruという街へ
ここで1週間滞在
7/29 Vilanova出発→途中アンドラ王国に立ち寄り→フランス リモージュ泊
7/30 リモージュ発→ブリュッセル帰宅

車での総移動距離は3000km弱かと思いますが、ヨーロッパではこれ位普通です
(↑他の意見もありそうですがw)
前後に1泊入れているのは、直行が厳しいというのはありますけど。
それでも、途中にブルゴーニュ地方、アンドラ王国という観光を挟めるというのもー
車での旅行の醍醐味でっすぅ。
では、今回は夏のバカンス日記第一弾ということで
『あの有名なワインの畑を探せ!』をお送り致しまっすぅ♪

7/21 AM10時 ブリュッセル出発
愛車「プジョー307ワゴン」を第一目的地「VOSNE ROMANEE」へ向けて走らせる。
ブリュッセルの天候は雲は多いが何とか晴れ。気温は半袖では少し肌寒い程度。
ブルゴーニュ地方と言えば、もちろんブルゴーニュワイン!
ブルゴーニュワインの代表と言えば・・・そうです、あのバカ高い「ROMANEE CONTI」です。
今日の目的は、グランクリュ街道にある「ROMANEE CONTI」の葡萄畑を見ることなのですよ。
その畑は「VOSNE ROMANEE」という街の外れにあるという。
街に入っただけで、あるわあるわ。まさに葡萄畑の中に街があるようなものです。
その中をカーナビを頼りにずんずん突き進む我々は・・・ついに発見した!

RC01.jpg RC02.jpg RC03.jpg
RC04.jpg RC05.jpg




たしかに狭い。たったこれだけの畑で作られるワインが年に約6,000本程度という。
「飲むより語られる事の方が多いワイン」と言われるのも頷けるってもんです。
ここの畑では農作業に何と馬が使われていました!
(他の畑ではトラクターみたいな自動車を使用してました)
この辺もやっぱりこだわりなんだろうなぁ。
どんなに安くても30万円は下らないというこのワイン。
死ぬまでに一度は飲んでみたいものです。
ロマネコンティのことが詳しく知りたいという方は、Wikiで調べてくださいねw

この隣の畑にはロマネコンティを作っている会社が所有する別の畑もあります。
「la Tache」や「ROMANEE ST VIVIAN」の畑は発見しました。
これらのワインも普通に6万円以上はするんですけどね。

この日は少し先に行ったボーヌという街で宿泊。
もちろん夕食にはブルゴーニュワインを飲みました。
ブルゴーニュワインはピノノワールという葡萄のみから作られるワインです。
ちなみにボルドーは2種類以上の葡萄のブレンドです。
これは最近知ったことなんですけど・・・ね。
どちらが良いかは・・・お好み次第。
個人的にはブルゴーニュワインは当たり外れが大きく、難しいという感じ。
ボルドーなら「Pomerol」「Pauillac」を選んでおけば、あまり外れはない気がします。

ま、そんなこんなで最近妙にのめり込んでるワインに関する旅というのも組み込んでみました。
さて、次回は遂に到着Vilanova編。スペインのリゾート地はいったいいかなるものか?
トップレスの美女が俺を呼んでるぜ!(ウソ)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。